病む

病む

病名が付くと

人は急に「病人」になる。

医師が診ると

人はとたんに「患者」になる。

昭和の気配

昭和の気配

偶然通りがかって撮った1枚ですが・・・

「恵龍香(けいりゅうしゃん)」さんは閉店、でしょうか?

web検索すると「天津飯」が美味しいと評判のお店だったらしく残念。

一度も入ることなかったなぁ・・・市駅近くにあるお店で、よく前を通っていたのに。

町工場の春

町工場の春

通りかかった路地裏の町工場

鉄屑の錆に惹かれて撮った1枚です。


iPhoneで撮影

納屋の戸

納屋の戸
壁   なのかもしれませんが・・・

松山市窪野町桜にて


にほんブログ村 写真ブログへ

浄瑠璃寺へ

浄瑠璃寺4
夏に浄瑠璃寺へ行くと、弁天池の美しい蓮花や、さまざまな蜻蛉を観ることができます。

浄瑠璃寺2
先日行った際、本堂と大師堂にお参りしたついでに池を見てみましたが、蓮池はまだ枯れた葉と茎があるだけでした。


浄瑠璃寺1
延命水とか・・・

浄瑠璃寺3
仏手花判とか・・・

いろいろ見どころの多いお寺(札所)なのです。

にほんブログ村 写真ブログへ

雀

今日も寒かったーーーーーーーー!!!!

にほんブログ村 写真ブログへ 

阪神淡路大震災忌

阪神淡路大震災忌1

もう19年になるんですか・・・・。

6434人の命が奪われた、あの大震災。

今の神戸の街には、ほとんど形跡が残っていませんけれども。

阪神淡路大震災忌2

海のすぐそばには、メモリアルパーク

あの時のこと、忘れてはいけない、そんな気持ちになります。

阪神淡路大震災忌3

当時、私は家族といっしょに愛媛県大洲市に住んでいました。

ただならぬ揺れに、飛び起きた早朝。

テレビ画面に流れる、信じがたい光景。

あの災害から、私達は多くのことを学んだと思います。



神戸の街は、私にとって、「とても大事な人が暮らす場所」になりました。

あらためて、亡くなった方々のご冥福を祈り、教訓を活かして暮らしていきたいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

3枚とも2012年5月5日撮影。

ふなやの・・・

ふなやの・・・1
道後温泉ふなや

道後にはたくさんの旅館・ホテルがありますが、中でもひときわ格式高く、歴史が長いのは、ここ「ふなや」さん。

広いお庭に、ゆったりとくつろげる「足湯」があります。

この画像は、足湯の真ん中の、新しいお湯が流れ出してるところの どアップ。

お湯が出てるのは午後なので、時間を確認してからお邪魔してます。

なんと無料で、宿泊してない人でも使用できる設備、「ふなや」さんは太っ腹ですなぁ。


ふなやの・・・2

真冬の寒い日でも、足湯の湯気を見ると、なんだかほっこり。

ほんの数分でも足をひたせば、たちまちの~んびりとしてしまいます。

もちろん、全身温泉につかれるなら、それに越したことは無いんですけどねぇ。

足をつけるだけでも、全身ぽっかぽかにあったまるので、道後へいらしたら是非お試しを。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

fence

fence.jpg
@三津 港山

造船所のフェンスは、それ自体が、まるで艦のようでした。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ←ランキング参加中 ポチっとクリックお願いします。

壁1

壁1
@三津 港山

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ←ランキング参加中 ポチっとクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。