同好の士

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件

 写真の大好きな人たちが、自然と集まって会話が始まり、ああでもないこうでもないと写真談義に打ち興じる、そういう光景は実に微笑ましいものです。お互いの作品を見せ合って、こう撮ったらもっと面白かったんじゃないかとか、これはここがいい具合だねとか、批評しあうのも勉強になります。blogをやっていると、比較的簡単に仲間が見つけられるし、人の作品を観て学びあう機会も多く得られます。その意味で、blogは実に便利で、楽しいtoolですよね。

 できることなら、誰のどのような作品であっても、なにかしら良さを見つけられる目を持ちたい、私はそう思います。人間、人の粗にはつい目が行ってしまうもの。欠点を見抜くことは得意でも、人の作品の良さを見つけて褒めるのは意外と難しい、特に私は何でもそういう傾向があるので。人の良いところからたくさん学び、技量を磨いていこうとする心がまえが大事、と思っています。

 個性は作品に如実に表れます。基本的な技術が未熟で、作品と呼ぶのもおこがましいような画を撮っていた頃(今でも、ですが)、拙い写真にも何かしら良いところを見出し、個性を褒めてもらって、今までなんとかやってきました。私は恵まれていたと思います。もしもそういう励ましがなかったら、写真を撮ることを続けていられたかどうか・・・・。今も、たくさんの方に励まされて、写真を撮る意欲を失くさずにいられることを本当にありがたいと思っています。

撮影機材:Canon PowerShot A720 IS 
撮影地:梅津寺

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。