Canon「PowerShot A720 IS」 ってどんなカメラ?

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:17件
  • トラックバック:0件

 ご質問いただきましたので、愛機「PowerShot A720 IS」の使用感など、この際まとめて書き残しておこうと思います。先にお断りしておきますが、私は2007年7月19日に借り物のコンデジ「OLYMPUS C-750 Ultra Zoom 」で写真を撮り始めました。その日に撮影した西林寺の蓮の花が1枚目と2枚目の画像です。



 その後、2007年9月28日に愛機を入手。買ってすぐに撮影した画像は↓これです。



 現在はデジイチ(Canon EOS KISS Digital N)でたまに撮ったりもしています。キスデジNで初めて撮った画は↓こちらです。





 さて、本題ですが、一般にコンデジと言われるものはピンキリでして、とにかく小さくて軽くて旅行の記念写真を撮るならこれで十分、というものから、「わーーー!こんな画が撮れるの!?」と驚くようなカメラまで、実にさまざまです。私の愛機A720 ISはいわゆる中級機。撮影モードなどが一眼に近いんです。将来的に一眼も使ってみたいと思う人ならば、その練習になっていい、というカメラですね。まるっきり初心者で、記念写真が撮りたい、という方にはお薦めしません。面倒だからw

 では、A720の良さは?と言いますと、とにかく手軽に持ち歩けて、それなりに面白い画が撮れるところです。食べ物を撮影するとよくわかりますけど、A720は目の前のランチなど実に美味しそうに撮れるんですねぇ。マクロモードで10cmくらい離して撮ると、ほんとに「美味そう・・・・」という写真になりますよ。やや白飛びするくらいの露出で撮った方が、私的にはいい画になると思っております。



 それから、街を歩きながらのスナップに威力を発揮しますね。なにせ小さいので、一眼かまえると撮りにくい場所でもガンガン撮れます。デパートの中で撮影しても目立たないから、お店の人に叱られたりもしませんw でも、レンズが小さい分めいっぱい広角で撮ったら画像の周辺が↓のように歪みます。まあ、そこが「味」なのよ、と思えたらOKですか。



 さらに、A720はシャッタースピードが最大15秒までのばせます。三脚を使えば、夜の道路を車が行き交うシーンなども撮れるんです。ヘッドライトが長く尾を引いている写真、たとえば↓これですね。



 コンデジですから、広大な自然風景を広角で撮ると、描写力という点ではやや物足りないかもしれません。紅葉、特にイチョウなどは、リサイズすると網目状のノイズが気になることも・・・。そして、最大の弱点はISO感度を上げて撮ると目立つざらつき。A720はISO1600まで上げられますけれども、画として鑑賞に耐えるのはせいぜい400まで。800になるとノイズがひどいですよ。

 カメラを買うときにまず考えるのはどういうシーンで何を撮りたいのか、ということですよね。記念写真でいいなら、笑顔検出機能つきのものもありますし。手軽なのがいいなら、A720でなくても他に素晴らしいカメラがいろいろあります。超ローアングルでも撮影が楽なバリアングル液晶の機種とか。フォトコンに出す画を撮りたいのなら、上位機種、たとえばG9とか、いっそ一眼でしょう。A720にはRAW設定ありませんので。ワイド四つ切りくらいの大きいサイズにすると、コンデジの画はやはり見劣りがします。CCDが小さいんだからしょうがないんですよね。

 ちなみに、このサイトでupしている画は、リサイズしただけの写真よりもけっこうレタッチでいじった画のほうが多いです。Canonのカメラの特性なのか、A720はぼや~んとした画になってることが多いんですね。それで私はJTrimのγ補正を使ったり、コントラストの調整機能を使ったりしております。

 以上、参考になるといいんですが(汗 ここへいらしてくださった皆様、コンデジに限らず、ご自身の愛機の使用感や、こういうところを改善して欲しいなど、ご意見をどしどし書き込んでやってください。私にとっても勉強になりますので。意見交換の場として、この記事のコメント欄を活用いただけたら・・・と思います。今までROMってたから・・・とおっしゃる方もご遠慮なさらず。千客万来、大歓迎ですよ♪ 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ ←記事や写真がお気に召しましたらクリックお願いします。

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村

デジカメWatchの実写速報「キヤノン「PowerShot A720 IS」

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。