マジック・アワー

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件

 三谷幸喜監督の新作映画「ザ・マジック・アワー」を観てきました。



 豪華なキャストはあいかわらず。そしてコメディなのもいつもの通り。三谷監督は役者の使い方、まとめ方が上手いですね。どの作品からもじわ~っと笑えるものが伝わってきます。
 
 本作では夢を追い続けることもテーマにからんできて、ベテラン俳優のシブい演技が光りました。映画が好き、演じることが好き、みんなで作品を作り上げるときの熱気が好き、そういう『映画に関わる人々の想い』があふれていました。

 陽が沈んでから夜になるまでの短い時間、それが『マジック・アワー』。いい画が撮れる時間です。映画では老境にさしかかった人々の姿と、この言葉が重なります。



 人間、年をとるとどうしても『守り』の体勢になります。新しいことや危険なことには手を出しづらくなり、日々を無難にすごしがち。生活のためにやりたいことをあきらめてしまうとか、目先の利に目が眩んで大事なものを捨ててしまうとか、しがらみがあって仕方無かったとか、いろいろね・・・うん、いろいろ、ありますよ。

 でも、ほんとは、夢を叶えたいんじゃないですか?心の奥底に消えない炎を隠しているのでは?「死ぬのは怖くない。怖いのは誇りを失ったまま生き続けることだ。」劇中で何度も出てくるこのセリフ、うんうんとうなずいてしまった人が大勢いるんじゃないですか?

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ ←お気に召したらクリックお願いします。

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。