キスデジNでホタル撮影に挑戦!

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件

 デジイチ(CanonキスデジN)を借りてから、コンデジでは絶対撮れないものを撮影できるようになりました。そのひとつがホタルです。ホタルの撮影は携帯のカメラじゃできませんし、コンデジでも無理です。光がとても弱くて、長時間露光でないと写らないからなんですね。私はコンデジ用の小さい三脚しか持っていなかったので、借りたキスデジNがセットできる大きさの三脚を買いました。設定の仕方や撮影方法を教わって、初めて挑戦した結果がこれらの写真です。









 フォトショップで、何枚もの画像を合成すれば、ホタルが画面いっぱい乱舞しているような写真にできるそうなのですが・・・・・すみません、やり方まだマスターしてないんです(涙

 上の画像はすべてISO400で撮っています。もちろんバルブ撮影。露光時間はまちまちです。最長で2分弱。というのも、人工光が入らないように撮影せざるを得ないからです。長時間撮りたくても、できない理由が・・・・

 ホタルの名所は愛媛県内に数箇所ありますが、地元の皆さんが懸命にホタルを護ってくださってるから毎年この時期に美しく幻想的な光景を見ることができるんですよね。なのに・・・・非常に残念なことですが、見物に来る大多数の人々には、そういうことがまったくわかっていないと思われます。

 強い人工光は、ホタルにとってものすごく迷惑なものでしかありません。なのに、車ですぐそばまで乗り付けて強烈なヘッドライトで照らしたり、写らないのにコンパクトカメラや携帯カメラでフラッシュをたいたり。ほんと、これはやめてほしいです。ましてや煙草の吸殻や清涼飲料の空き容器を川にポイ捨てなど、言語道断ですよ?マナーのなさというか、配慮のなさに、あきれるやら、悲しいやら。

 撮影していましたらね、車が通るたびに、「あぁ・・・」って撮影中断させられます。携帯電話の光でも中断。コンパクトカメラのフラッシュたかれて中断。見物の子供が懐中電灯ふりまわして中断。そんなのばっかりです。皆さん悪気は無いってわかります。でも、いいかげんにしてくれと、しまいに腹が立ちましたね。ほんと、勘弁してーーーーーって泣きそうでした。

 ホタルが光りながら飛ぶのは夜8~9時頃、せいぜい1時間ほどです。雨降っていたらカメラ濡れちゃうから撮れません。私は夜の8~9時を狙って出かけて、その前後も合わせて2時間くらい粘って、ようやく70枚くらいは撮りましたけど、使える画は数枚でした。

 今週末は各所でホタル祭りが催されます。見物に行かれる方々にはくれぐれもお願いしたいですよ。ホタルを強烈な人工光で照らすのはやめてください。携帯カメラやコンパクトカメラじゃホタルは撮影できませんので、そのへんご理解いただいて、見て楽しむだけにしてくださいね。あと川が汚れたらホタルは住めなくなります。ゴミのポイ捨てとか絶対に絶対にしないでください。地元の皆さんの迷惑になる行為、違法駐車や器物損壊、大声で騒ぐなども、本当に、やめてください。よろしくお願いします。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ ←記事や写真がお気に召しましたらクリックを

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村 

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。