映画レビュー「ユナイテッド93」


「ユナイテッド93 UNITED93」2007年1月31日

【この映画の背景】
 2001年9月11日。同時多発テロで、ハイジャックされた4機のうち、2機はN.Y.のワールドトレードセンタービルに激突させられ、1機はペンタゴンに墜落させられた。目標(ホワイトハウス)まで到達できずに墜落したのがこのユナイテッド93便。この便に乗り合わせた乗員たちと乗客たちの、「その瞬間」までの様子をドキュメンタリー風に描いた作品。

【物語のあらすじ】
 自分達の乗った旅客機がハイジャックされ、パイロットや乗客など数人が殺された。動揺し、怯える乗客たちと乗務員たち。パニックに襲われながらもやがて、地上と電話で連絡を取り、他にもハイジャックされたうえ墜落させられた飛行機が3機もあると知った。人々は、自分達の機も同様なのだと悟る。これが単なる身代金目的のハイジャックなどではなく、今までになかったタイプのテロであり、犯人達の自爆攻撃の道連れにされるのだと。

【感想など】
 泣くことしかできない者、家族に電話して別れを告げる者、犯人達を攻撃してハイジャックを妨害し助かろうとする者、それぞれの行動が臨場感あふれる演出で展開される。非常にリアルで、緊迫感があって、淡々としていながら、強い力で迫ってくる映画だった。自分がもしもあの機に乗り合わせていたらどうしただろう?と考えた。愛する人に電話できる状況であれば、電話して「愛してる」と言うだろうか。それとも、智恵を絞って助かろうとするだろうか。少なくとも、ただ怯えて泣くだけ、という行動はしないと思う。

 当時の空港管制の様子や、軍の動き、判断のミスと遅れなども、裏事情がわかって納得させられた。あんな風に何千機もの旅客機がひしめきあう空で、4機の同時ハイジャック、対応に致命的なミスや遅れが発生してもいたしかたなし、という感じだ。当時、ワールドトレードセンタービルに居て、被害にあった民間人や、救出しようとして命を落とした人々、飛行機に乗っていた人々、どれほど多くの犠牲が出たか、改めて思い知らされる。悲痛な「I love you」に胸が痛む。

 映画は前半非常に淡々と進むため、多少退屈に感じるかもしれない。だが、ハイジャックされた後の様子が一瞬も気を抜けないムードで展開し、ラストシーンまで一気に連れて行かれる。結末は知っているのに、「がんばれ」「なんとか助かって」などと感じてしまう。テレビで実際の映像を見ているだけに、あの同時多発テロの印象は強烈で、この映画に対しても到底平静ではいられない。ニコラス・ケイジが主役を演じた「ワールドトレードセンター」といっしょに観るといいと思う。視点は違えど、あの事件がどういうものだったのかを検証するのに役立つはず。


写真やレビューがお気に召しましたら、バナーをクリック♪お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。