春の花いろいろ

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件

 先日、護国神社や御幸あたりを散策した際に撮影した花。↑は「馬酔木(あせび/あしび)です。白い花もあるそうです。



 ↑は「柊南天(ひいらぎなんてん)」。葉っぱがひいらぎのようにトゲトゲですね。南天の花は白だと思っていましたが、これは黄色。柊南天には黄色の花が咲くのだと初めて知りました。



 ↑こちらはおなじみの椿。「藪椿(やぶつばき)」というのが正式な名前だそうです。



 ↑護国神社の境内に咲いていました。「寒桜(かんざくら)」でしょうか?花が固まって咲きます。

 こうして何枚も並べてみると、花というのは種類によってさまざまなんだとわかります。それぞれの木に草に、それぞれの色や形の花があり、どれが良いも悪いもなく、花は花として私達の心を慰めてくれるんですね。自分なりの精一杯で咲く花を眺めていると、人も同じだと思えてきます。

 それぞれの人にそれぞれの花があるんですね。咲く時期も大きさも色も形もさまざまな花。生涯ただ一度の大輪を咲かせる人もあれば、毎年毎年地道に小花を咲かせる人もあり・・・・。それが良い悪いと一概に言えないものだということを知っていさえすれば、苦しいときも頑張れるのかなぁ?と思います。

 はっきりしているのは、花を咲かせるための準備をしなければ、いつまでたっても咲かせられないということ。そして、実を結ばせようと思うなら、それなりの努力が要るのだということ。私は今頑張っているだろうか?と自省してみたり・・・・。

「この写真いいなぁ・・・」と思われましたら、バナーをクリック♪お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。