映画レビュー「007/カジノ・ロワイヤル」


【ひとこと】
 新生ジェームズ・ボンドのスピーディーなアクション!

【物語のあらすじ】
 「00(ダブル・オー)」に昇格したばかりの若きジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、テロリストに投資その他の利益で資金を供給する「ル・シッフル」(マッツ・ミケルセン)を追う。モンテネグロで開催される超高額ポーカーで一攫千金を目論む「ル・シッフル」、そうはさせじとMI6を代表して参加するボンド。財務省の役人である美女・ヴェスパー(エヴァ・グリーン)を伴って、現地に乗り込んだが・・・

【感想など】
 ちょっとぉ、ちょっと、ちょっとぉ~、なにこのカッコ良さはぁ!!??今までの007と、違うじゃないのぉー。これ、好き、こういうのは大好き!アクションが信じられないくらいスピーディーでリスキーでエキサイティングでボンドもすんごいかっこいい!全編とにかくリアル。ストーリー展開は水戸黄門的なお約束で、ある意味安心できる。オープニングテーマもアニメの技法を実写とうまく融合させスタイリッシュな仕上がり。これは劇場で観るべきだったなぁーーーーーーー。ああ、残念!

 もう最初から飛ばしまくりのボンドを熱演したのはダニエル・クレイグ。今回のボンドはシリアスに人を殺すし、物も壊す、その暴れっぷりたるや「マジですかっっ!!??」と驚かされっぱなし。これまでの007シリーズは、どこか時代劇にも似た「つくりごと」風味満載だったけど(そこが嫌いだったのだけど)、今回からはガラッと雰囲気を変えて、シリアス路線でいくわけね?いいですよー、それは。大賛成。

 ボンド・ガールは男に都合よく設定された美女と思っていたら、本作のヴェスパー・リンドはなんとも複雑な背景をもつ知的な女性。初めて目の前で殺しを見て、ショックを受け、怯えるシーンがイイ。シャワールームでのボンドとのやりとりも、これまでの007シリーズとはまったく違う。実にリアルでボンドが優しくて、こういう慰められ方はすごくステキ。共感できる女性として描かれるヴェスパーに私は好感をもった。

 さらにいつもの「M」はジュディ・デンチ。この人の顔見ると、「あー007だw」と思っちゃう。あいかわらずの威厳。無鉄砲なボンドに舌打ちしながらも、職務遂行に必要なバックアップは怠らず、しめるべきところでキッチリしめてみせる、さすがの貫禄だった。

 ダニエル・クレイグのルックスは、決してハンサムとは言えないと私は思う。けれどもたたみかけるように繰り広げられるアクションシーンを観ていると、その身体能力の高さや、ずば抜けた判断力にほれぼれさせられる。嘘っぽかった007がにわかに真実味を帯びた存在として意識される本作、私の中では「秀逸なアクション映画」として位置づけられた。あと20分短く編集してもらったらさらに見やすかったw これ、続編もできるらしい。絶対観たい!

写真やレビューがお気に召しましたら、バナーをクリック♪お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。