石垣りん「その夜」によせて

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件

  その夜
           石垣りん

 女ひとり
 働いて四十に近い声をきけば
 私を横に寝かせて起こさない
 重い病気が恋人のようだ。

 どんなにうめこうと
 心を痛めるしたしい人もここにはいない
 三等病室のすみのベッドで
 貧しければ親族にも甘えかねた
 さみしい心が解けてゆく

 あしたは背骨を手術される
 そのとき私はやさしく、病気に向かっていこう
 死んでもいいのよ

 ねむれない夜の苦しみも
 このさき生きてゆくそれにくらべたら
 どうして大きいと言えよう
 ああ疲れた
 ほんとうに疲れた  

 シーツが
 黙って差し出す白い手の中で
 いたい、いたい、とたわむれている
 にぎやかな夜は
 まるで私ひとりの祝祭日だ。

    ~詩集「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」より~



 一人で生きてゆく、生易しいことではありません。何があっても誰にも頼れない、その心細さ。この詩を初めて読んだとき、私は見ず知らずの他人であるにもかかわらず、「お見舞いに行きたい」と思いました。何もできなくても、手を握っているくらいのことはできる、と。

 作者にとって「生きる」ことは、それだけで苦しみなのでしょう。ひたすらに働いて働いて、病気になるまで働いて、死ぬかもしれないその瀬戸際にも、親族にさえ頼れない、それはなんという寂しさでしょう。

 幸い、私は病のときにたった一人で寝込んでいた、ということがなく、今まで生きてこられました。そのことを心から感謝しています。もしもこの先、この詩のような状態におちいることがあったとして、絶望せずに生き抜くことができるかどうか、わかりません・・・。私は「一人」の状態にとても弱く、「孤独」に耐え切れないので。

 家族や友人が病気のとき、私はいつも落ち着かない気持ちになります。特に、誰にも看病してもらえない状態で、大切な人が寝込んでいると知ったらなおさら。何か自分にできることはないだろうかと、あれこれ一人で密かに気を揉んでいたりもします。心配したからといって、病状が良くなるわけでもないのに。

 風邪やインフルエンザが流行っています。皆様どうぞお気をつけて。失って初めてその重要さ・ありがたさがわかるもののひとつは「健康」ですよ。元気でいてくださいね。

 


「この写真いいなぁ」と思われましたら、バナーをクリック♪お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。