映画レビュー「プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada」



【ひとこと】
 華やかな世界、でも裏側は・・・

【物語のあらすじ】
 ジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)は大手出版社の看板ファッション誌「ランウェイ」の編集長ミランダ(メリル・ストリープ)に面接されることになる。ところが、アンディを見たスタッフたちは「なんてダサイ!」というあからさまな拒絶反応。絶対受かるわけが無いと決め付ける。それなのに、なぜか採用されてしまったアンディ。やり手だけれど気まぐれでワガママで傲慢なミランダに振り回され、くじけそうになってミランダの片腕・ナイジェルについ愚痴ってしまった。だが、ナイジェルは慰めるどころか、「甘ったれるな」とアンディを一喝。ようやくアンディも、自分のいる席は何万人ものファッション業界に生きる人々が虎視眈々と狙うほどの得がたい場所だと悟る。甘えを切り捨て、どうすれば自分の夢に近づけるのか、冷静に考え、自己変革に取り組み、歯を食いしばって職務遂行に努力する。一流ファッション誌のスタッフらしく、どんどん洗練されていくアンディは、持ち前の有能さを発揮、ミランダに気に入られ、信頼されるようになった。けれど、恋人や友達との関係はギクシャクし始め、仕事仕事の毎日に、とうとうプライベートで大問題が・・・。

【感想など】
 すみません、流行のファッションとか、最先端メイクとか、ブランドとか、無縁だし興味も無いんです私。でも、この映画は、そんな私でも楽しめました!ブランド名すらろくに知らないような私が、なぜ面白いと感じたのか。それはコミカルな脚本の妙と、名優達の演技ゆえ。そして華やかな世界の裏側=厳しい現実、プライベートと引き換えの成功というテーマに共感できるものがあったからです。

 メリル・ストリープ扮する鬼のようなカリスマ編集長は、秒刻みのスケジュールでバリバリ仕事をこなし、長年第一線で活躍し続けてきたツワモノ。けれど、私生活では決して幸福とは言えない状態でした。その様子をつぶさに見ることができたアシスタントのアンディは、ミランダからさまざまなものを学んでいきます。その成長ぶりが非常に目ざましく、また興味深くて、テンポよく進む話にどんどん引きこまれていくんですね。

 考えてみれば、「ここは私の本当に居たい場所じゃない」とか「私の本当にやりたいことは違う」とか、言うのは簡単ですよ。そして職を転々として、得るものはほとんどない、やりたかったことさえも見失っている、浮き草のような生き方をしている人が最近増えていると思うんです。そういう人たちからすれば、なんですぐに辞めないのかと、アンディの行動が不思議に思えるかもしれませんよね。

 辞めるにしても、やっぱりタイミングってものがあると私は思います。その場所に居ることになったのも何かの縁。学べるものはどこにでも転がっているはず、嫌いな奴でもどこかに盗める技術をもっているはず、と思ってみれば、無駄な経験など何ひとつないんですよね。あらゆるものを自分の糧にできる、それこそ才能と言えるかも。その意味で、アンディは非常に有能な人だと思いました。

 迷った末に彼女が選んだこと、これには賛否両論ありそうですけど、一番大事なものって何だろう?とよぉーく考えた末の決断であるならば、やってみるしかないんでしょう。しかし、ミランダほどの鬼上司では、部下も長続きしないんでしょうなぁw ミランダは女性であるがゆえに大きなハンデを背負っていたと思います。男性なら有能だと皆が認めるだけで、あれほど煙たがられたりしなかったかも。私生活と仕事上の成功が両立できないのがせつないですよ。

 ファッションに興味がある人が見れば、垂涎もののお洋服が次々に出てきます。アンディは羨望の的でしょうね。アン・ハサウェイ、すっごく可愛くてステキでした。キレイになっていく女の子を見ていると、なんだか幸せになります。仕事に必死で打ち込む姿も、これまたとってもチャーミング。あっという間の110分でした。


この写真やレビューがイイと思われましたら、バナーをクリック♪お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

ちいさい ねこ♪ のプロフィール@にほんブログ村

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。