映画レビュー「マリー・アントワネット」


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

【ひとこと】
 孤独な王妃。

【物語のあらすじ】
 14歳の若さでフランス王家に嫁いだマリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)。誰一人味方の居ない王宮は、きらびやかで華やかな牢獄のよう。フランスとオーストリアとの友好関係を保つために、一日も早く世継ぎをと望まれても、肝心の夫は狩りと錠前作りに夢中で、会話すらままならない。「不妊症では?」と噂する周囲の人間の冷たい目線に耐え切れず、心が折れそうに感じる、一人の少女。それでもけなげに自分の務めを果たそうとするマリーに、真の理解者はあらわれない。寂しさからギャンブルと浪費に明け暮れるようになってしまった彼女の心は、常に孤独に占領されていた。

【感想など】
 ソフィア・コッポラ監督の「ヴァージン・スーサイズ」「ロスト・イン・トランスレーション」は非常に良い映画であったと思う。だが、これは微妙w なぜなら、歴史に名を残す、あの「マリー・アントワネット」の物語だから。無意識にドラマティックな展開を観客が求めてしまうのだ。実際、これまでにマリーの生涯を描いた作品は、彼女を性悪な放蕩女としてとらえるものが多かったのではないだろうか?

 この作品でキルスティンが演じたのは、孤独に耐える少女であり、重荷を背負ったけなげな若き王妃であり、誇り高く生きた一人の人間であった。オーストリアから単身(飼っていた犬まで引き離される)フランスへやってきた14歳の少女は、怯えた表情をちらりと見せたり、無垢な笑顔で召使いに対したり、可憐で素直で優しく温和な人柄を隠そうともしない。ヴェルサイユの面倒なしきたりに、「馬鹿げてるわ」と本音をもらしたりもする。本作のマリーは、これまでのマリー・アントワネット像とはまったくかけ離れた、青春まっただなかの一少女だった。

 キルスティンの演技は素晴らしかったと思う。こんなに愛らしい少女がフランス王家に嫁いだばっかりに・・・とマリーに同情してしまうくらい、実に実に可愛らしいのだ。母親となってからも、我が子や気の置けない友と、庭で自然を満喫するやすらかな表情がとても美しい。暴徒に対してバルコニーで深々と礼をする姿も、高貴なオーラを発する印象的な熱演。このキャスティングは正しかった。ある少女の物語として観るなら、本作は大好きな作品のひとつに入れられる。だが、惜しいことに、これは「マリー・アントワネットの物語」なのだ。そこがどうにもひっかかる。豪華な衣装と絢爛たる宮廷内の装飾品とを常に見せられていると、主人公たるマリーの「普通」っぷりが浮いてしまう。

 オスカーを獲得しただけあって、宮廷内の様子も衣装も映像的な美しさは群を抜いていた。コッポラの美意識が画面の隅々にまで反映されている。どのカットをとっても、そのまま額に入れて美術館に飾れるのでは?と感じるくらい美しい。セリフに頼りすぎることなく、映像で経緯を推測させるのもコッポラ流かと好ましかった。結局、物語があまりに「きれいごと」でありすぎるがための「物足りなさ」なのだろう。私たちはマリー・アントワネットが断頭台の露と消えた史実を知っている。コッポラの描き出したマリーは、そのような末路を迎える女性にはとても思えない。露骨な表現を避けたことが果たしてよかったのかどうか。

 衣装と甘い物と建築物の美しさ・素晴らしさは、そこだけ観ても十分すぎる出来なので、観て損はない作品と言えるかもしれない。ただ、男性には受けが悪そうだ。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。