秋天と城

秋天と城


正岡子規は かつて 病の床で ふるさとを想い この句を詠んだ。

     松山や秋より高き天守閣

あふれんばかりの望郷の念を この城は 優しく受け止めてくれたことだろう。



 帰りたかったやろなぁ・・・・ のぼさん。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。