壁2

壁2
@三津 港山

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ←ランキング参加中 ポチっとクリックお願いします。


松山市は 四国最大の 都市だが 昭和の 匂いのする 建物が あちこちに 残っている。

下手すると 江戸時代とか 明治とか 大正の 民家が さりげな~く 建っていたりもする。

いわゆる “文化財” とは みなされない そういう建築物こそ 実は 貴重なのでは?

時代を 語ろうとする その時に 最も 雄弁に 語ってくれるのでは?



戦火を 免れた町 それが 三津。

ここには 古い建物が 実に さりげなく 残されている。

この町に 足を 踏み入れるたび なんの 変哲もない 民家 それこそ 絶好の 被写体だと 私は いつも 感じる。

錆びだらけの 扉や 無造作に 塗料を なすりつけた 壁や 余り物の 建材で 築かれた 塀 そのような 物にこそ 言いようのない 魅力を 感じる。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。