松山八ヶ寺歩き遍路記その4

松山八ヶ寺歩き遍路記16

痛む脚を引きずりつつ、1年半住んでいた学生寮の前を通り過ぎて、山越へ。
Aコープのハトマート山越店は、学生時代によくお世話になったスーパー。
あと、木屋町商店街とスーパー日東の高砂店ねw
なつかしー。

いや、懐かしんでる場合じゃない、のです。
既に身体の節々が悲鳴を上げております。
脚だけじゃない、足裏とか、脇腹とか、予測してなかったところまで痛むようになってきてます。
信号待ちのわずかな時間、ストレッチするも、回復など望めません。

石手寺さんでリタイヤしようと思っていたのに、嗚呼とてもとても、そんなこと言い出せる雰囲気ではないのです。
もし、私がここで、リタイヤしちゃったら、後でなんと謗られるか!
私の所属している団体(あえて名前は出しません)から参加しているのは私だけなのです。
否応なしに「代表」みたいな感じになっちまってるわけですよ。
止められない、がんばるしかない、という悲壮な決意。

松山八ヶ寺歩き遍路記17

サンクス安城寺店さんで最後のお接待を受け、気力をふりしぼって第53番札所「須賀山正智院円明寺」さん到着!
ようやく、ようやくたどりつきました。
あーーーーーーー、長かった、遠かった、しんどかった、死ぬかと思ったw
今回の企画の大ボスであらせられます宝荘ホテルの宮崎社長さんが、「もうちょっとだから、がんばって。」とわざわざお声掛けくださるほど、私ゃ死にそうな顔をしてたんでしょうねぇ。

この企画に参加した人の中で、私が一番ヘタレだったはずです。
えぇ、そこだけは自信があります。
スポーツとかできそうに見られますが、実は根っからのインドア派ですから。
「太山寺まで(車に)乗っていく?」とサポートスタッフさんからもお声掛けありましたが、ここまで来たのに歩いてたどりつかなくてどうする?オレ?
あと2kmだ。←周囲の声
がんばるしかないでしょう。


松山八ヶ寺歩き遍路記18

そこがゴールですよ!と教えてくれているかのように皇帝ダリア満開。
歩き遍路をしていると、道端の野花に目が行きます。
アスファルトの隙間にも、力強く生きてる生命・・・・がんばってんなぁ、キミ、なんて思いつつ、1歩1歩歩いているわけで。

皇帝ダリア、綺麗だなーと見惚れつつ、動かぬ脚を引きずり、今にも崩れ落ちそうになる身体に鞭打って歩きます。
嗚呼、遠い、とほひよ、太山寺さん。
もう脚の感覚が無いよ・・・・

松山八ヶ寺歩き遍路記19

やったー!
やったーーー!!!
ようやく到着!
第52番札所「龍雲山護持院太山寺」さんにやってきましたよ。
山門前の石段に全員でそろって、記念撮影。
あとから気付きましたが、この山門から本堂まで、570mもある・・・・そう、実はまだゴールじゃなかったのです。

松山八ヶ寺歩き遍路記20

はい、ここがほんとのゴール。
国宝に指定されている本堂です。
ここまでかなりキツイ勾配の坂を上ってきました。
手水の後にまだ石段があったりして(泣

本堂では太山寺さんのご住職さま直々にこのお寺の縁起をご紹介くださいました。
なんと太山寺さんは1400年もの歴史を有する古刹なのだそうです。
当時はまだ日本人の僧侶が少なく、初代の住職は中国人の僧だったのですって。

本堂の造りについても解説がありました。
和様・唐様・天竺様と3つの国の建築様式を見事に融合させた造形美。
今まで、来たことがあったのに、じっくり見ていなかったなぁと反省。
ご住職さまは般若心経を唱えられ、法話もお聞かせくださいました。

本堂寒くて、疲れから眠くなったりもしつつ、全行程を終えました。
身体ボロボロだけど、すごい達成感!
一人ではたどりつけなかった松山八ヶ寺歩き遍路。
いっしょに歩いている皆さんの励ましと、温かいお接待があればこその「完歩」です。
いくら感謝してもしきれません。

四国遍路は歩いて巡ると40日間はかかるそうです。
毎日毎日歩いても、40日だよ、すごいよ、まったく。
しかもこれ、何回も何十回も歩いて踏破してる方がたっくさんいらっしゃるんですよ。
すごいですねぇ、四国遍路って。

苦しいだけの旅だったら、きっとこれほど多くの方が歩いたりはしませんよね。
四国の自然と、そこで出会う人々が、傷ついた心に「癒し」を与えてくれるから、なんじゃないでしょうか。

自分だけが辛い、なんて思っていたら、生きてることそのものが嫌になります。
苦しいのは自分だけじゃなく、みんなみんな重荷を背負いながらも懸命に生きてる、歩いてる、それがわかるから、強くなれるんじゃないかなぁ。
たった1日、お遍路しただけで、偉そうに言える身分じゃありませんが、なんかすごく、学んだ気がします。

そして、帰りのバスの中、今回の企画者である宝荘ホテルの宮崎社長が「次は一昼夜かけて88km歩きましょう!」って・・・

ひーーーーーーーー 無理ムリむり無理・・・・・

翌日と、翌々日も、体中の筋肉痛に悲鳴をあげた、ヘタレ「ちいさい ねこ♪」の歩き遍路記、これにて完!


にほんブログ村 写真ブログへ
iPhoneで撮影

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。