アメ横

  • カテゴリ:photo575
  • コメント:4件
アメ横
爛熟の都市の腐臭のヤッケ買う

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ←ランキング参加中 ポチっとクリックお願いします。

凡夫を絵にかいたような人間ですが、コツコツがんばっていれば、なにかしら「よしっ」と思う機会に恵まれたりします。

今日まさにそういう機会を得ました。

昨年から俳句のカルチャー教室へ通ってまして、かれこれ1年くらい経ちます。

10月から違う曜日に変えてもらったのですが、これが実はすんごいハイレベルな方々のクラスだってことに、入ってから気付いたわけなんですよ、えぇ(滝汗

今日はその2回目の講座、自分の句も事前に投句させてもらって、お歴々の選を拝聴してね、とても勉強になりました。

上にあげた句は、今日その講座で投句したもののひとつ。

アメ横で感じたことをそのまま一句にしたてたのですけど、さてこれ、諸先輩方にはどのように読んでいただけるだろうかと内心不安でした。

でも、尊敬する先輩お2人から特選いただけたうえに、先生からも並選いただいて、すんごい感激しました!

しかも、まったく説明してないのに、特選にしてくださったKさんは「大阪なら道頓堀、東京ならアメ横とか」とわかってもらってるんですよ!!!

すげーよ、まったく、なんも説明してないのに!とまあ、一人で万歳してました(もちろん心の中で)。

たった17音で、どれほどのことを伝えられるか・・・俳句ってのは世界最短の定型詩です。

よけいなことを入れないで、伝えたいことを究極までつきつめて、ひたすら言葉を選び、紡いでいく、孤独な作業の積み重ねです。

だからこそ、表現したかったことを読みとってもらえたら嬉しいし、選によって評価をもらえたら感激するんですね。

読み手あってこその表現という気がします。

元来の無精者ですので、なにか厳しい環境に身を置かないと、私は努力を怠ってしまいます。

今のクラスはすごくレベルが高いからこそ、常に精進を重ねていこうというモチベーションを保てるんじゃないだろうかと考えてます。

月に1度の講座ですが、月謝以上のものをいただける貴重な機会として、これからますますがんばろう!と思いました。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。