抜穂祭

抜穂祭1

お待たせしました。

今日は抜穂祭の様子をお送りします。

この神事は、日本全国で執り行われているのではないかと思いますが・・・要するに、秋の収穫に感謝する儀式です。

抜穂祭4

これは大山祇神社の斎田。

正面から境内に入るとすぐ右手に広がる清められた田です。

神事の前に、乙女らが入っていきやすいように、という配慮でしょうね、稲がかきわけられていました。

抜穂祭3

選ばれた16名の抜穂乙女は、そろいの装束で表れます。

白い単衣に真っ赤な腰巻とたすき、手甲、脚絆、髪には熨斗が飾られます。

抜穂祭2

斎田に入っていった乙女らの手によって、稲の穂だけが刈り取られ、神様への供物になるのです。

一人角力の奉納はこの後。



今回、このblogではご紹介する順番が逆になっております。

そして、他にも神輿が登場したり、神主さんがお清めの儀式をしたり、いろいろありましたけれども、全部はレポートできません。

あしからず、ご了承ください。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ←ランキング参加中 ポチっとクリックお願いします。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。