朝顔

朝顔

ミツハマルの向かいに咲いていた朝顔

グリーンカーテンとして育てられているらしい。

昔は「朝顔」といえば、この色、空色だった。

今はあまり見かけなくなってしまい、代わりに紫がかった強い種が、11月過ぎても咲いているようになった。



夏休みの宿題に観察日記をつけたりしていたこの花が、秋の季語だと知ったのはつい最近。

奈良時代、遣唐使によって日本にもたらされた「朝顔」の種子=牽牛子(ケンゴシ)は「薬」だったそうな。



澄みきった秋の空の色を そのまま映したような花。

秋風を受けて、ひらひらとそよぐ花びら。

日本の里の秋には、この花こそ在ってほしい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。