高浜駅

高浜駅

写真には 記録 という面もあるんだなと しみじみ感じた日

にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ

上の小さい画像をクリックしてもらうと、「にほんブログ村へ」飛びます。
そして、ランキングポイントが「ちいさい ねこ♪R」のblogに入ります。
ポイントが多いほど、ランキング上位に入るので、よりたくさんの人に写真を見てもらえる可能性が高くなります。
1台のPCから1日に1回のクリックが有効とカウントされます。


この画像は2010年に撮影したものです。

今日、劇場で『真夏の方程式』を観てきました。

伊予鉄道・高浜駅が映画の中では「玻璃ヶ浦」駅として何度か出てきます。

自分が何度も行ったことのある場所が、映画の中に出てくると、嬉しいですね。



映画の内容を詳しく書いちゃうと、まだ観てない方に悪いので、さらっと言いますが・・・・

子供が嫌いな湯川先生と、恭平君との交流が、すごくほのぼのしてて、個人的に好きな1本でした。

ちょっと辛い結末だったんだけど、でも、「成長する」ことの避けては通れない一側面をうまく描いていたと思うんですよ。

家族の愛とか、血のつながりとか、明かしてはならない秘密とか、複雑な問題も絡んでいるストーリーだったので、正直気持ちが重くなりはしました。

が、出演してる役者さんたちの演技がほんとに素晴らしくて、良い出来だったと思います。

特に杏さんの演技に泣かされました。

実は、劇場で隣に座ってたカップルの男性の方が、ずっと鼻をすすりあげつつ鑑賞していたので、「良い演技だよねー」とか話しかけそうになるのを必死で押さえてましたw

ガリレオのテレビシリーズ2では「吉高さんの演技がちょっとね・・・」と思ってる方、この作品は安心して観られます。

劇場版、前作『容疑者Xの献身』が、あまりにも良かったので、比べちゃうと今回は見劣りするかも。

本作は本作として楽しんでいただきたい作品でした。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。