映画レビュー 『藁の盾』

藁の盾
※画像と本文とはなんら関連がありません。



なぁ・・・俺、一体何を護ってきたんだろな?

【ストーリー】
ある日、すべての新聞紙上に全面広告が打たれた。「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします。」と。7歳の孫娘を拉致され、乱暴され、無残に殺された、大富豪の蜷川(山崎努)が、余命いくばくもないと知って、逃亡中の犯人・清丸国秀(藤原竜也)に懸賞金を賭けたのだ。福岡で自首してきた清丸を東京へ護送することになった銘苅(大沢たかお)、白岩(松嶋菜々子)ら精鋭5名。だが、護送はことごとく懸賞金目当てのヤツらに邪魔され、情報をリークしている人間が誰かもわからないまま、一行は幾度となく命の危険にさらされる。一人、また一人と、護送していた刑事たちが脱落していく中、果たして銘苅は東京へ清丸とともにたどりつけるのか!?

【感想】
三池崇史監督の作品には、たまに「アラ」が目に付くが、この映画は非常によく出来ていたと思う。設定がかなりえげつないので、良識ある人には拒否感が強く出そうなストーリーだ。だが、これを演技力のある役者を要所要所に配することで、無理なくきっちりと一人一人の登場人物の心情までも見せていき、スピーディーな展開で切迫感をあおる。SPに警護される価値など無い(と誰もがきっと考える)「人間の屑」=清丸を 文字通り命がけで刑事たちが護ってやりつつ、数多の困難を乗り越えていく姿が感動的。ラストも私はこれでO.K.と思う。(ネタバレになるから言わんけど)


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村へ  ↑ポチっとクリックお願いします♪


主人公は大沢たかお演じるところの銘苅。難しい役をよくがんばった。脇の伊武雅刀、永山絢斗、岸谷五朗が実にいい味を出している。神箸の「見せ場」なんて、ちょっと泣きそうになったもん。個人的に松嶋菜々子については、なんだろなー、もうちょっとこう、「オバサン」臭を出してほしかった気もする。シングルマザーの設定なんだし、あんまりスタイリッシュなのもどうなのか。蜷川役の山崎努、やっぱ名優。存在感半端なし。ちらっとしか出てこないタクシー運転手に余貴美子とか、アンタそれ、贅沢すぎやろw と監督につっこみ入れたくなった。あいかわらず童顔の藤原竜也については賛否両論ありそうな。私は彼の演技力を認めているけど、この清丸ってヤツの役どころは観客に思う存分憎まれて欲しいわけで、その点藤原だと顔キレイ過ぎなのね。救いようの無い「人間の屑」ってことなんだから、ダサダサのサイコパスそのものみたいな感じであってほしかったかも。

結局ね、銘苅が護っていたのは何だったのか?と考えるわけで。決して清丸を護っていたのではないよ、彼は。刑事だから、護衛が自分の仕事だから、忠実に職務を遂行しようとしていた、それだけでもない気がしたね。ましてや、国家の威信だの、警察の権威だの、なんてものでもない。プライドなんて言っちゃったらますます違うし・・・。

みんな、それぞれの事情を抱えて生きてるんだよね。そして、それぞれが、自分の大切な人を護ろうとして必死なのよ。金がすべてじゃない。でも、お金って重要よ。お金があれば避けられる不幸って実際あるもんね。自分が殺人犯として逮捕されて裁かれたって、大切な人に莫大な懸賞金が渡るのなら、それでもいいんだ、と考えるよ、私でも。ただ、蜷川や銘苅にとっては、その「大切な人」がもうどこにもいなくて、お金がいくらあったって虚しいだけ。なんで生きてるんだろ?なんでここにいるんだろ?なんでこんなことしてんだろ?エンドレスの問いかけが、自分の心の中でグルグル回り続けてるんじゃないだろうか?

法律って誰のためにある?警察は何のためにある?もしも、自分の宝物のような人を突然理不尽に奪われたら、どうしたらいい?正解はきっと、どこにもない。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。