夜の道後温泉本館

夜の道後温泉本館

3階の手前の部屋は「坊っちゃんの間」と呼ばれています。

夏目漱石が松山中学の英語教師として赴任していた間に、正岡子規といっしょに道後へやってきたことがありました。
明治28年10月6日と記録されています。



十年の汗を道後のゆに洗へ 正岡子規


これは 1896年7月 後輩の小川尚義に子規が贈った句だそうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。