51番札所石手寺2

石手寺の続きですが・・・

衛門三郎

これは四国遍路の起源となった伝説の「衛門三郎」の像です。
石手寺へ入っていくとすぐに、この像がすえられているのが見えます。

昔、豪族河野氏の一族に衛門三郎という男がおりました。
大変強欲な、人望の薄い男でした。
ある日、衛門三郎の家の前に托鉢の僧がやってきます。
衛門三郎は怒って、僧のもつ鉢をたたき落としてしまいました。
鉢は8つに割れ、翌日から衛門三郎の子供たちが1人、また1人と亡くなっていきました。
8人の子供すべてが亡くなった時に、衛門三郎は己の罪に気付きます。
托鉢の僧は弘法大師であったとわかるや、四国を巡っている大師を探して、衛門三郎は旅に出ました。
何度も何度も四国を巡って、どうしても大師に逢えない衛門三郎。
思い余って逆に巡り始めたところ、無理がたたってか、焼山寺の近くで倒れてしまいます。
臨終間際の衛門三郎の枕元に、弘法大師が姿を現し、ようやく衛門三郎は大師におわびすることができました。
「なにか望みはあるか」とたずねる大師に「河野一族に生まれ変わって、善い行いをしたいです。」と言った衛門三郎。
大師は傍らの丸い石をとりあげ、衛門三郎再来と書きつけて、衛門三郎の左手に握らせました。
その後数年、河野息利に男の子が生まれました。
ところがこの子は、左手を握ったまま開きません。
安養寺の僧侶に祈祷してもらったところ、ようやく手を開きました。
するとそこには、衛門三郎再来と書いた丸い石が・・・・
安養寺は石手寺と名を変え、今も再来伝説の石が祀られています。


訶梨帝母天堂

こちらは訶梨帝母天堂。
鬼子母神を祀っています。
祠の周りの丸い石を拾って帰り、安産祈願をします。
無事に産まれたら、この石に子供の生年月日と名前を書き、河原から丸い石をもうひとつ拾ってきて、最初にもらって帰った石といっしょにここへお返しする、そういう民間信仰が残る祠なのです。


本堂前から二王門

お遍路さんと同じくらい、大勢の観光客がお参りに来る石手寺。
じっくり時間をかけて巡ると、さまざまな信仰に出会えることでしょう。
ここは四国でも有名なパワースポットなんですよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。