松山城へその3

紫竹門東塀から天守

山頂広場からずずずいっと北へ進んで天守に入ってみます。
これは紫竹門東塀のすぐそばから見る大天守。
左には小天守、右に一ノ門と一ノ門南櫓(やぐら)がちらっと見えています。


一ノ門

これが一ノ門。
扉の上部と下部は縦格子になっていて、攻めてきた敵の数などが把握しやすいように作られています。


二ノ門

これは二ノ門。
一ノ門と二ノ門の間は枡形と呼ばれる四角形のスペースになっており、四方から敵を攻撃できる仕組みです。


三ノ門と天守

二ノ門から入ってくると、180度転回して三ノ門が・・・・
敵をまっすぐに進ませないで、いたるところに仕掛けた枡形に追い込み、四方から攻撃をして、せん滅する構造です。


筋鉄門

これが本壇最後の門、その名も筋鉄門(すじがねもん)。
ここを破られると、天守はすぐそこ。
だから頑丈に作ってあるんですね。
もしもこの門を打ち破られたとしても、本壇内側はまた枡形になっており、敵は一斉攻撃を受けるようになっています。

初代築城主・加藤嘉明は、かくも見事な難攻不落の松山城を作り上げようとしたのでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。