一番じゃなくていい


一番じゃなくていい

 昔、子供の頃ですが、私は常に「一番」「最優秀」のポジションを獲得したがっていました。自分で自分にものすごく大きな目標を設定して、ひたすら頑張る、頑張らないと存在価値がない、みたいに思い込んでいました。それは先の見えない階段を黙々と上り続けるのに似ています。頂上までたどりつけば、なにかしら達成感が得られるんじゃないか?という、いわば錯覚です。頂上なんてないことにまでも、なんか頂上=一番があるように錯覚して。

 周囲の人間、親とか家族とか先生とか友人とかから、良い評価を得たかったんですよね。褒められたかった、尊重されたかった、好かれたかった、そういう気持ちがモチベーションになってました。自己肯定感は、無かった、ですね、当時。常にハングリーw なんだろな、あの焦燥感は。充足するってことが、よくわからなかった、ですよ。

 でも、そのうちに、自分の「分」がわかってきますよね。そんな才能ない、どれほどがんばっても、せいぜいこのくらいだ、と見切ってしまう。実際の自分と、目標との間に、非常に大きな隔たりがある、埋めようがないくらいの距離がある、というのが身にしみてわかってきます。そうすると、自分の身の丈にあった目標ってのはどのあたりなのだろう?と考えるしかなくなります。そうして、ようやく、「一番」に固執しなくなりましたけど、そのへんが納得できるようになるまでにはけっこう時間がかかりました。

 一番じゃなくていいんです。最優秀じゃなくていい。でも、自分は自分、分相応の目標を掲げて、コツコツやっていきゃいいんじゃないか、と思います。焦ることないし、自分を否定する必要もない。マイペースで、続けていけば、いいんじゃないか・・・。

 価値観って、いろいろですよね。好き嫌いも人によってさまざまです。ものさしがひとつじゃないのに、なんであれほど漠然とした「一番」にこだわってたのか、今ではほんとに可笑しいなぁと、笑っちゃいますが。評価は後からついてくるって、たくさんの人に教えられました。シャカリキになってがんばっても、それがすぐに「評価」につながるわけじゃないって。

 ブログ村のランキングに参加してみたんですけど、これ、「一番」になることが目標じゃないです。バナー置いとけば、「書き込みまではしないけど、この写真は好きだな。」って方が、ポチっとクリックしてってくれるかなー?とは思います。「観に来たよ」と書き込む代わりにクリック、そういう感じでクリック数が増えていくのは嬉しいな~って。

 というわけで

ブログ村のランキングに参加してます。「この写真いいね!」と思われましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。