被写体との角度


 写真講座でのお話です。毎回いろんなことを勉強できて、大変楽しい講座、新しい生徒さんも増えました。11月の展覧会の後には12月の忘年会(懇親会兼ねて?)もありますから、いっそう楽しい教室になりそうです。

 今回の講座で、私が最も印象深くうかがったお話は、被写体に「正対」する、ということでした。ちょっと↓の写真をご覧ください。


Canon EOS 40D + TAMRON B003


 この画は以前の講座で先生に見ていただいたものですけど、私は光がひとすじ当たっている花にピントを合わせ、背景の壁の表情もぼかして入れて・・・と考えて撮りました。コンクリートの無機質な感じ、錆びた鉄のボルトの雰囲気が、花と好対照だと思ったわけです。

 この画に対して先生は、「壁と正対する」ということをおっしゃいました。ボケていても、壁の錆びたボルトは観る人に点として意識される。その点の並びが傾いているために、壁の方へ意識をとられてしまって、テーマである光の当たった花の印象が薄まる。これが壁に正対した形で撮られた画であれば、壁は背景として、面として認識されるため、テーマである花にぱっと目が行くはず・・・というようなことでした。

 昨日の講座では、生徒さんのお一人が大変味のある古い民家の壁を撮っていらっしゃって、先生は「これいいなぁ。」「う~ん、これはいい。」とものすごくお気に召した様子でした。この壁の画はまさに「正対」している画。壁の表情、味わいがそのまま観る者に伝わってきて、なんともいえない雰囲気が醸し出され、非常に素敵なスナップショットになっていました。

 先生は「正対」することは、その被写体をそっくりコピーして持ってくるに等しい、というような意味合いでお話なさいました。ある角度をつければ、その被写体に対して撮影者がどのような視点・意図を持っているかを伝えることができる、と。どんな画を撮りたいのか、何を表現したいのか、テーマによって、撮影者によって、「最適」は違ってきます。ただ、そのものに「正対」することによって生じる迫力とか、被写体にそのまま語らせる効果とかがあるわけですね。被写体がもつドラマを「正対」することで引き出してやれば、見飽きない、なんともいえない味のある写真にできる場合もあるのです。

 私が以前撮った白粉花と壁の写真は、正対した方が良かったのですけど、時と場合によって、角度をつけた方がいいこともあるようです。激賞された写真を撮っていらした生徒さんは、他にも錆のいっぱい浮き出た鉄扉を撮っておられたのですが、こちらには角度がつけられていました。先生は「角度をつけて撮るなら、こう・・・・」と撮り方の例をいくつか挙げられました。実際にその場で撮りながらの講義であれば、さらに実感できただろうにと、昨日はそれだけちょっと残念に感じたことでした。

 基本って、とても重要ですね。私は自己流でずっと撮っていましたので、被写体に正対するという撮影方法がいかに重要であるかを知らず、角度をつけた画ばかり撮っていたように思います。なんとなく落ち着かない感じ、しっくりこない感じ、のする写真は、正対していればよかったのかも?と過去に撮った写真をあれこれ思い出しながら先生のお話をうかがってきました。

 写真雑誌や、写真仲間からの情報で、ある程度の知識とかテクニックとかは身につけられるでしょう。今はカメラの性能も格段に進歩していますし、素人がいきなり始めても、それなりに格好のつく画は比較的簡単に撮れるようになるんじゃないかと思います。でも、それだけではどうしても埋められない「プロとアマの差」があるんじゃないだろうか?と私は最近特に感じています。

 プロには失敗が許されません。常にbest以上を要求されます。「この写真はちょっといいね」では不十分。「これ、めちゃくちゃいいね!」じゃないと。その素晴らしい仕事の裏には、基本がしっかりとあって、テクニックと感性が要求される厳しい世界で生き抜けるだけの強さもあるわけですよ。写真に限らず、それで飯食ってるわけですもの、プロは気構えも違いますわ。

 大変温厚な私の先生も、写真の講評をなさってるときには厳しい指摘をビシバシとなさいます。表現は柔らかいのですが、はっとするようなところを突かれるんですね。さすがプロだなぁと感心します。その厳しい目で見ていただいた日浦の彼岸花の写真は、「普通」だったみたいで、がっかりでしたぁ・・・。ちょっとよかったかも?という写真を↓にupしておきます。


明るめに現像して持って行ってみましたら、この暗い感じの方がいいと言われました。



これは並び具合が良かったのかも???



以前サイトにupしたときは枯れて下を向いたしべをレタッチで消していました。でも、先生は「枯れかけてる感じがわかる方がいい」とおっしゃいました。 



「これはちょっといいねえ」と先生が言ってくださったので。


彼岸花の写真はすべて Canon EOS 40D + TAMRON A09

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。