夕空にかかる月のように

  • カテゴリ:空・雲
  • コメント:13件
  • トラックバック:0件

 どんなに お金が あったって

 情のない 人は かなしい

 頭が よくても

 有能でも

 人の 気持ちに 寄り添えない

 夕空に かかる 月のように

 超然と 見下ろして いるばかり

 そんな 人は さびしい



 価値観の違い、と言ってしまえばそれまででしょうね。自分はあなたたちとは違う、そんなこだわり馬鹿馬鹿しい、バッサリ斬って捨てられて。理路整然と話すその人は、たしかに有能で、とても賢い、それはわかりますよ。でも、相手の気持ちやこだわりには一切頓着しないで、すべてを理詰めで進めてしまったら、やっぱりどこかにしこりを残すんじゃないかしら?反感を買うこともあるかもしれません。

 世の中には、さまざまな価値観があふれていて、いろんな人がいますから、理論通りにはいかないことの方が多い気がします。私は理よりも情で動く人間です。馬鹿馬鹿しいと言われても、自分にとってはこれが大事、ここが重要、そういうこだわりを捨てたくないし、気持ちを重視したいんです。他の人から見れば、取るに足りないことであろうと、自分が大事にしたいと思うものは、とことんこだわって守りたいですね。偏屈だ、頑固だ、阿呆だと、罵られても、馬鹿にされても、やっぱり自分なりのこだわりは捨てないことでしょう。

 だから損するし、生きづらいんですねぇ・・・・・・。いいんです、それでも。情のない人に、なりたいとは思わないから。馬鹿かもしれないけど、そんなさびしい人になりたいとは思わないから。 
 

Canon EOS 40D + TAMRON B003
※この写真は、Photoshop Elements 7.0 で加工してあります。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。