心の栄養


 あるblog友からテーブルフォト(特に食べ物)を撮るときのコツを教えてもらったので実践してみました。
コツその1:引いて撮らない。高倍率ズームレンズで食べ物に寄って、画面からはみ出すくらいにカット割りをしてやること。
コツその2:逆光で撮る。暗くなりがちな手前はレフ板で明るくする。できれば窓際の明るい席で。



 1枚目と2枚目は和風パフェ。3枚目はビターチョコレートパフェです。美味しそうに撮れているでしょうか?w



 私にとって美味しい物、特にスイーツは心の栄養です。美味しい物を頬張ったときの幸せ、言葉では表現し難い、と思ってます。お腹一杯になって幸せ~と言うんじゃないですよ?w 美味しい物を見て愛でて、舌で味わって喜び、ほどよくお腹も満たされる、それが大好きな人といっしょに・・・・ならば、よりいっそう大きな幸せを感じませんか?大げさかもしれませんけど、「あ~生きてて良かったな~~~」と。

 私の写真は、見てくださる人を喜ばせるためにある、と再確認しました。なんだかほっとする、綺麗だな~とうっとりする、可愛い!と微笑んでしまう、美味しそう♪と感じる、そういう写真こそ、撮っていくべきだ、そう思います。撮るだけでも幸せですが、それを見てもらって喜んでもらうことこそが、私の心の栄養になるんですよ。そして、見てくださった人にとっても、私の写真が心の栄養になるといいなぁと願っています。

 昨夜は1年ぶりに夜市に出かけました。気の置けない友達と、いっしょにぶらぶらして、美味しい物を飲んで食べて、存分におしゃべりして、実に楽しいひとときでした。心の栄養をたくさんもらって、幸せな気持ちで眠れました。生きてて良かったーーー、ですw 「洋食処bistroきゅう」にもお邪魔しましたよ。すっごく美味しいお酒とお料理を堪能できたのも嬉しかったです♪sugarさん、ありがとうございました。いっしょに行ってくれた友達にも感謝!

 ※撮影地:「ラピュタガーデン」

Canon EOS 40D + TAMRON B003

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。