ランチは町屋で「松富や壽 いちえ(まつとみやことぶき いちえ)」


 さあ、お待ちかねのランチです。私が「是非京都のおばんざいを」とリクエストしていたので、友人が事前にリサーチしておいてくれました。おばんざいのバイキングランチ、「松富や壽 いちえ(まつとみやことぶき いちえ)」です。1380円でおばんざいと玄米ご飯、お味噌汁が食べ放題、制限時間は70分でした。平日は1050円ですって。

 おばんざいはどれも優しい薄味で、手作り感たっぷりです。素材も厳選してあるのでしょう。肉・魚は少なめですけど、私はこれで十分、お腹いっぱいになりました。京都=白味噌と予想していましたら、ここのお味噌汁は合わせ味噌でしたw 品質保持のために具は入れていないのですって。おつゆ麩と小口切りの青ネギくらい、脇に添えてあったら嬉しかったなぁ。

 歴史ある京都の町屋を改装したお店、室内はカーペットの上にテーブルと椅子です。座敷じゃありません。これが私にはむしろ嬉しかったですね。海外からのお客様や、お年寄りにも、立ったり座ったりが楽な椅子席の方がいいんじゃないかしら。



 ↑はお店の外観です。町屋でしょ?↓が店内、坪庭のたたずまいです。これ、私にはとても懐かしい風景に感じられました。と申しますのも・・・



 母が京都府(京都市内じゃありません)の出身で、私が幼い頃にも何度か里帰りしたんですけど、母の実家がこういう雰囲気の庭を持つ家だったんです。庭へ出るときには引き戸をガタガタいわせながら開けて、下駄をつっかけて、でしたよ。窓の桟、色も質感も当時の記憶を呼び起こしてくれます。おばあちゃんちでご飯を食べているような・・・そういう錯覚を起こすくらい、素敵なお店でした。

「松富や壽 いちえ(まつとみやことぶき いちえ)」のHP

 京都旅行、長いことひっぱってすみません(汗 次は清水寺を予定してます。もう少しおつきあいくださいね。

Canon EOS 40D + TAMRON A09
3枚目の写真のみSIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。