京都駅にて


 京都へ行ったら、絶対に、超広角で駅を撮ろうと決めていました。以前テレビで京都駅の吹き抜けを見て、「なんというフォトジェニックな!」と感動していたからです。



 骨っぽい、とでも言えばいいでしょうか。鉄骨の幾何学的な構成、シンプルな機能美を感じさせるフォルムです。目も眩む高さから見下ろせば、下界はさぞやせせこましかろうと、空中径路からも撮影を試みましたが、残念、安全上の配慮からでしょう、真下は見えないようになっていましたよw というわけで下から上を撮った画ばかりupなのです。



 3枚とも午前中、早い時間に撮ったのですが、お天気が悪くてコントラストはあまり出ていません。でも、白飛びするよりはいいかなーという曇り空でした。内部の画や、夕方外回りを撮った画もありますが、それはまた吟味して、出せそうならば・・・・ということで。

 次回は京都の街中です。

Canon EOS 40D + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。