ようやく、今年初の蛍画像upまでこぎつけました。あぁ、もっと早く撮影行きたかった、と思いつつ。

 松山市内にもけっこう蛍が飛んでいるところはありますね。この画像は市内某所(事情があって秘密ですw)にて撮影したものを PhotoShop Elements 7を使って合成しました。重ねたい画像10枚を選んで、「比較(明)」でレイヤーを統合しますと簡単に合成できます。

 10枚の元画像はいずれも ISO 400 F3.5 で30秒間バルブ撮影。そのため光跡は短いですね。もっと長時間露光すれば光跡は長くなりますし、F値を小さく設定すれば、光跡は太く写るそうです。ISOを上げ過ぎるとざらついた画になると思ったので、400にとどめました。

 去年に引き続き、ロケハンの重要性を痛感しました。蛍が飛び始めてから三脚立ててカメラをセットしたもので、周囲は暗い。ピントをどうやって合わせようかと、四苦八苦いたしましたよ。結局、適当にMFですw あーぁ。それにしても、街灯の光や車のヘッドライトが邪魔にならない撮影場所ってのは案外ないものですね。また、よい場所を見つけましたら、蛍の光跡撮影に出かけるかもしれません。そのときは、明るいうちに出かけて三脚立てて、カメラの設定もバッチリの状態で撮影したいものです。

2008年6月5日の記事 キスデジNでホタル撮影に挑戦!

2008年6月7日の記事 フォトショップでホタル画像の合成

デジタルシティえひめ「愛媛県内のほたるMAP」

松山市「ホタルマップ」

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。