お知らせ と お願い

  • カテゴリ:
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件

 今日は「ちいさい ねこ♪」からのお知らせとお願いです。

 「ねこ☆にゃらーず」のサイト管理者「にゃーも」さんは、ボランティアで野良猫さんたちのお世話をしていらっしゃる方です。ご自宅には6匹の猫さんが居て、その他にも複数の猫さんを保護し、里親さんを探しておられるのです。特に今、「ウルちゃん」「ユキちゃん」の里親探しに奔走しておられます。というのも、この2匹の猫さんたちの今居る場所が、もうすぐ明け渡さねばならないところだったり、一時的な預かりとしてお願いしているところであったりするからです。

 生まれて間もない仔猫ならば、その可愛らしさに里親も見つかりやすいのかなぁ?と思いますが、おとなの野良猫さんたちに良い里親さんを見つけてあげるのは至難の業です。まず捕まえて、不妊・去勢手術を施し、健康状態をチェックして、元気になってから、里親募集をして、無事に引き渡す・・・・・そこまで行きつくには、言葉で言い尽くせない苦労が山ほどあることでしょう。

 私は「ひめぶろぐ」から「にゃーも」さんのサイトを知り、何かお手伝いできないものかと考えました。我が家には既に石手寺から連れ帰った「るり」が居て、別の猫さんを引き取ることができません。ですから、せめてものお手伝いと思って、この記事をupすることにしました。

 ぜひ、「にゃーも」さんのサイトをご覧いただいて、可愛い猫さんたちの里親さんになってあげてください。とてもそこまではできないとおっしゃる方も、まずどのような活動をしていらっしゃるのかを知ってください。その上で、できる範囲でかまいません、手助けをお願いしたいのです。

 「認定NPO法人 えひめイヌ・ネコの会」では、里親探しなどの活動以外にも、公園の野良猫さんたちを地域猫としてお世話する試みに取り組んでおられます。家で飼うことはできなくても、地域で野良猫が幸せに暮らせるようにはできないものか?と考え、行動していらっしゃるのです。

 松山市内に限らず、小さな命を簡単に捨てる人は後を絶ちません。その人たちの身勝手な行動のために、たくさんの動物たちが傷ついたり死んでしまったり・・・・。少しでも不幸なコたちを救おうと活動なさっておられる方々がいらっしゃること、そしてその活動によって救われる小さな命があることを知ってください。援助の手を差し伸べてください。

 今日の写真は梅津寺の堤防で見たコです。生後数か月?という猫さんで、あきらかに人に怯え、お腹をすかせて、こちらの様子をうかがっていました。このコも放っておいたらどうなることか・・・・とふっと考えました。野良犬・野良猫の暮らしがとても厳しいことは皆さんよくご存知でしょう。「犬や猫を捨てないでください」とどれほどお願いしても、身勝手な人がいなくなることはありません。悲しい現実です。少しでもその現実を変えたい、変えよう、と思う人々の信念が、「えひめイヌ・ネコの会」の活動を支えているのだと思います。

 個人でできることには限界があります。けれども、一人ではとてもできないことでも、みんなが力を合わせればできるかもしれません。「にゃーも」さんのサイトで紹介されている猫さんたちに関するお問い合わせは、「ねこ☆にゃらーず」へお願いします。可愛い猫さんたちが、たくさんの方の温かい手を待ってます。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。