TAMRONの便利ズーム

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件


 昨夜、新しいレンズが届いたので、月を試し撮りしてみました。TAMRONのAF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO (Model B003)いわゆる「手振れ補正付便利ズーム」です。ちょーっと薄雲がかかっていましたが、レンズの描写力はまずまずかなーと思いました。1枚目は100%の画像を700×478でトリミングした画。2枚目は元画像を20%にリサイズしてあります。

 40Dにつけてみて、今まで使っていた標準レンズTAMRON SP AF28-75mm F2.8 (Model A09E)に比べると、一回り口径が大きいのですけど、さほど重いとは感じませんでした。ズームが15倍ってことで、これから野良猫撮りに活躍しそうです。広角側も10mm広がって、今までもうちょっと引きたい!と思いながら撮っていた画が、納得の画角で撮れそうな気がします。夕暮れ時にはきっと強力な手振れ補正(VC)が嬉しいことでしょう。この記事で使用している画像はExif情報を残してありますので、撮影時の画像データに興味がおありの方はどうぞご覧下さい。



 比較のために、↓の2枚は標準レンズで先日撮影した月です。夕暮れ時の昇って間もない月ですから、条件はちょっと違いますねw



 ↑元画像を20%にリサイズ。↓700×478でトリミング。



 

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。