映画レビュー「チェ 39歳 別れの手紙」



【ひとこと】
 彼は言った。「私は、人間を信じている。」と。

【あらすじ】
 キューバ革命が成功し、政権を握ったフィデル・カストロの隣から、突然消えたエルネスト・“チェ”・ゲバラ。彼は別人になりすましてボリビアに入国し、ゲリラ部隊を組織して、ここでも革命を試みる。しかし、キューバでは成功した手法が、ボリビアではことごとく失敗。ゲバラたちは次第に追い詰められ・・・

【感想など】
 辛い映画でした。観終わって感じたのは「ゲバラ犬死かよ?」でした。なんという報われなさ。キューバ革命成功の立役者として、世界中にその名を知られた人物の、あまりに悲しい死。

 状況は激変していました。キューバ革命の頃とは、世界が変わってしまっていたんです。けれど、ゲバラは変わらぬ信念を貫こうとして、不利な闘いを余儀なくされ、結果的に仲間を次々に失います。

 キューバではゲリラ部隊の味方となってくれた農民達、ボリビアでは手助けどころか密告者となっていました。喘息に苦しみながら、必死で士気を鼓舞しようとするエルネストの努力も虚しく、次々に脱走や除隊する者が出て、ボリビア軍による掃討作戦はゲリラ軍を殲滅。囚われの身となったゲバラに、もはや味方はひとりもいませんでした。

 とても印象的なシーン。囚われたゲバラを見張っていた兵士が、キューバのことをいろいろと質問してきたときのことです。彼が「共産主義者でも神を信じるのか?」とたずねたら、ゲバラは「キューバにも宗教はあるし、人々は神を信じている。」と答えます。「あなたは神を信じるのか?」との問いかけに、ゲバラは「私は、人間を信じている。」とハッキリ答えました。その兵士は、ほんの短い時間でも感化されてしまいそうなゲバラの強い信念に触れて、自分が変わってしまうことを恐れます。もう一人の見張り兵に、役を交替してもらうほど。ゲバラの持つ圧倒的な気高いオーラは、満身創痍で捕虜となってもなお、少しも損なわれてはいませんでした。自分達の試みたボリビア革命は失敗しても、ひょっとしたら、そこから農民達が学んで、革命を成功に導くかもしれない、ゲバラはそう信じたまま、逝きました・・・・。

 シートに包まれ、ヘリの外側にくくりつけられて、運ばれていくゲバラの亡骸。淡々と描かれたこの映画のラストは、あまりにもあっけない。その冷静すぎるほど感情を排除した演出が、退屈と受け取られるかもしれません。事実だけを追いかけ畳み掛ける手法。ゲバラと同化したかのような視点で。ソダーバーグ監督が、そして、ゲバラを演じきったベニチオ・デル・トロが、この映画で何を伝えようとしていたのか・・・・私には「もっとゲバラを知ってくれ」と言っているように思えました。

 彼はまごうことなき英雄です。真の革命家として高く評価されている人物です。けれども意外に知られていないこともたくさんある、だからこそ、混沌の度合いを深める現代にあって、あらためてクローズアップされるのでしょう。その強い信念、行動力、気高い思想、純粋さ、今ではほとんど絶滅してしまったかと思われるものが、ゲバラの生涯にはありました。

 もっと知りたい、と思います。ゲバラの見たもの、感じたこと、周囲にいた人々のこと。とりわけ、カストロという人物は、ゲバラをどう思っていたのか、そのような諸々を 知りたいと思いました。この映画はきっかけになればいい、知ろうとするきっかけに。観て楽しむ映画ではなく、観る人によって実にさまざまなことを考えさせる映画、それが本作なのだろうと、私は思いました。これは「チェ 28歳の革命」と続けてご覧になることをオススメします。2本でひとつの作品だと思うので。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。