知りたい 知りたくない


 知りたい。本当は何を考えているのか。どう思っているのか。

 知りたくない。知らなくていいこともたくさんある。

    月が 裏側を見せないように・・・・

 誰にだって、知られたくないことはあるだろう。知ってどうする?と思うこともあるだろう。知らなければよかったと後悔するくらいなら、知らずにいたほうが幸せかもしれない。







1枚目:Canon EOS 40D + TAMRON A09

2枚目:Canon EOS 40D + TAMRON B003
スポンサーサイト

お天気悪くてまいってますよ

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:12件
  • トラックバック:0件

 すっきりしない天気が続いてるので、写真撮りに行けてません。今日の2枚は空港の近くで撮ったストック画像です。ものすごい勢いで着陸する旅客機をプチ流し撮り。



 今日は雨降らないんでしょうかねぇ?金・土とまた雨の予報でしたが・・・。あ、そうそう、今治のおんまく花火を撮影に行けそうです。ちょっと情報収集してみましたが、今度の日曜日、午後8時からの1時間で9千発の打ち上げ花火が夜空を彩るとか。19万人もの見物客が押し寄せるんですってね。帰り大渋滞なんですよね?すごいんだろうなぁ・・・・。

 一回だけ港のすぐそばで花火を見たことがありますけど、間近!で音が肺に響いて超ド迫力でした。ほぼ真上を見上げる感じだったから、首が痛くなったのを憶えています。あとね、火薬の匂いがけっこうすごかったなぁ、と。

 過年度の他の方の写真を拝見しますに、来島海峡大橋と花火とか、ライトアップされた今治城と花火とか、ここならではの構図にこだわって、早くから場所取りなさるカメラマンさんたちがいっぱいなんですね。私は夕方には到着するつもりで家族といっしょに車で出かけます。さて、うまく車を停めて場所を確保できるでしょうか。ちょっと不安w

 夜は海から陸へ風が吹きそうですよね。そうすると、港のそばでも風上になるような位置に三脚立てなきゃいけません。煙が充満していたら花火が綺麗に撮れませんから。それとも、ちょっと離れたところから望遠で狙った方がいいのかなぁ?今治のおんまくはここからこう撮るといいよ~というご意見、ご助言をいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Canon EOS 40D + TAMRON B003

Look like おはぎs

  • カテゴリ:
  • コメント:11件
  • トラックバック:0件

 きなこ と あんこ  いや 黒ゴマか?w




 ちゃとらん と くろさびぃ 仲良し兄弟 でした♪



Canon EOS 40D + TAMRON B003


 追記

 猫関連のお話で、ちょっと疑問に思ったことがあります。猫ってものすごく毛が抜けますよね?うちのるりもご多分にもれず、毎日毎日ものすごい抜け毛。毎朝床にモップかけてますし、朝食後、片付けが終わったら掃除機もかけています。家の中に猫の毛がしじゅう舞い散るなんてことはありません。でも、この抜け毛を家族の一人(高齢者です)が大変気にしているのですわ。

 と申しますのも、病院へ行ったときに小耳にはさんだ話、「猫の毛が肺にまで入ってしまって病気になり、入院している老人がいる」という噂を鵜呑みにして、自分も気管が弱いから気をつけないと猫の毛のせいで病気になる、と言うんですよ。ただの噂、そこまで気にして不安にならずとも・・・・と話はしたのですが。

 普通に考えて、人間の体はそう簡単に異物が入りこめないようになってますよね?呼吸するときに猫の毛が入ろうとしても、鼻毛でひっかかってくしゃみで外へ出されます。口から入り込んだとしても、口中は唾液で濡れていますから、毛が粘膜に貼りついて、肺にまではいかないでしょう。

 アレルギー体質の方が猫の毛(というかフケ?)で気管支ぜんそくになったとかいう話は聞きますけど、肺の疾患にまでなってしまったとは聞いたことがありません。

 実際に、猫の毛が肺に入り込んでたまって病気になり、入院した方、ご存知ですか?具体的な症例をもしもご存知でしたら教えてください。

黄金の雨


 風早花火大会の画をもう少し。1枚目はフィナーレに近いときのもの。次々に打ち上げられる花火。一部白飛びしちゃうくらい明るかったのですけど、全体として一番まとまりが良い写真になったかな~と思ってます。



 ↑煙がかなりハッキリと写ってますね。私はこのとき道の駅「風和里」の堤防から撮っていたので、まだましなんですが。方角によっては煙が邪魔だったことでしょう。



 ↑スターマインでしたっけ?この花火が実は一番好きです。華やかで可愛くて。



 ↑大玉のしだれ柳をしっかりフレーム内におさめるために、カメラの位置や画角をいろいろ調整して撮りました。



 ↑かなり狙って撮ったショットです。黄金の雨が海に降り注いでいるかのようで、私自身はこれが最も気に入ってます。


 いかがでしょう?お気に召した画はありましたか?花火大会に行けなかった方にも楽しんでいただけたでしょうか?ご意見・ご感想など、お待ちしてます♪


Canon EOS 40D + TAMRON B003

 追記

 バジリコさんのご意見で、最後の画を明るく現像してみました。いかがでしょうか?




 ↑だと明るすぎるということなので、元画像よりちょっとだけ明るめにした画を。


ものおもい

  • カテゴリ:
  • コメント:11件
  • トラックバック:0件

    人
            室生犀星

 帰り来つてまた我の去りなん

 哀(かな)し人を見ず

 愛(かな)し人もあらず

 人はやがて果つらん

 あの人もこの人も果つらん



 仔猫を撮っていると、時々、はっとするような表情に出会う。ただ可愛いだけではない、ものおもいにふけっている哲学者のような表情。

 blogにいつかupするつもりで置いてあったこの写真。仔猫はじぃっと考え深げに一点を見つめている。その目に何が映っていたのか、もはや知る由もない。ただ、今朝ふっと、先に掲げた室生犀星の詩が頭に浮かんだ。人の世の無常をこの小さな命がすべて知っているかのように感じて。

Canon EOS 40D + TAMRON A09 

hana-viの夜


 花火を撮影しに行ってきました。朝は大雨、雷も鳴って、花火大会開催が危ぶまれましたが、時々小雨がぱらつく中、無事に美しい花火を見ることができました。



 いっぱい撮ったんですけど、ピントリングをぐるぐる~っと回して遊んだ画が私には面白く思えたのでw この2枚をまずはupしておきますよ。残りはじっくり観てから選んでupしますね。

 一応、カメラの設定を書いておきます。今回の花火撮影は ISO100 F10 バルブ撮影(だいたい1~2秒開けました) WB太陽光 MFで∞に合わせ、手ぶれ補正は切って、三脚とレリーズ使ってます。こういう遊んだ画を撮るときにはもっと絞りを開けた方がいいらしいです。私は単純に開けるの忘れていました。ドジですね~。でも本人すっごく楽しかったので、まぁ良しとしてください。

Canon EOS 40D + TAMRON B003


 追記

 みっちゃん さんにリンクしていただいてるので、正統派の画も1枚追加しておきますねw

雨上がりの青空


 なかなか梅雨明けしませんねぇ・・・・・。先日の大雨にも弱りましたが、今日・明日でまた降るそうで。テレビを見ていると全国各所での水害が報じられます。痛ましい映像。追い打ちをかけるこの雨に、恨めしいような気持ちで空を見上げる方々も大勢いらっしゃるでしょうね。

 亡くなられた方々のご冥福と被害にあわれた地域の一刻も早い復興を祈っています。今もまだ避難所においでの皆様に、心からお見舞い申し上げます。



※画像は先月京都へ行った際に撮ったものです。1枚目は京都駅前で、2枚目は三十三間堂にて撮影しました。
Canon EOS 40D + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM

ちゃとらん

  • カテゴリ:
  • コメント:11件
  • トラックバック:0件

 梅津寺のピさんの仔猫はだいぶ大きくなりました。4匹のうち、1匹だけが茶トラ。BOSSの遺伝子を色濃く継ぐコです。



 ピさんはすごくフレンドリーなのですが、仔猫たちはまだまだ人見知り。近づくとさっと隠れます。テトラポットの陰からこちらをじぃっと見る目が可愛いのです。



 もう離乳してもいい頃。でも甘えん坊さんのちゃとらんはおっぱいをもらってますw 

撮影地:梅津寺
撮影日:2009年7月9日
Canon EOS 40D + TAMRON B003

追悼 アベフトシ

  • カテゴリ:空・雲
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件


 「かっこいい」 という言葉は、やつらのためにあった。

 もう二度と、4人そろった姿は見られないし、あの「音」も聴けない。

 それがたまらなく寂しい。

 最高にかっこよかったアイツに、心から感謝して。

 安らかに・・・・。




Canon EOS 40D + TAMRON B003

友達



 先日、京都を案内してくれたSさんが、海外へ旅立ちました。この次帰国なさるのは数年後になるでしょう。お見送りはできませんでしたが、再会を約束しています。細く長く続く大事なご縁、しっかりと守っていきたいと思っています。

 松山に住む友達とも、ひさしぶりに会って話して、お茶を飲んだり、食事をしたり、ということがあります。職業も年齢も家庭環境もまったく違う人たち。けれど不思議につながりは切れなくて。会わなくなると話もしなくなる友達との違いは何だろう?と自分でも不思議に感じます。

 長くつきあえる友達と、ご縁が切れてしまう人たちとの差は何か。ひとつ言えるのは、いっしょにいて、お互いが楽しいと感じる、そういう人とは長くつきあえるってことでしょうか。どちらかが無理をして合わせていたり、言いたいことも言えずに我慢していたり、本当は忙しいのに仕方なくつきあっていたり、ということがあると、おつきあいが苦になってきますよね。双方のリラックス度が同じくらいで、なにかしら共通の話題があって、無理せず話ができることはとても重要なんだと思います。

 あまり頻繁に会えない友達とは、ごくたまにでもいいから、連絡してみることが大事だと思います。何してるかな?元気かな?ご機嫌伺いのメールでいいから、たまに連絡してみると、そこから「じゃあ今度いっしょに***しましょう」という話に発展することもあります。そういう努力をしないで待っているだけだったら、友達は次第に減っていくでしょうね。新しい出会いを長いおつきあいにしていけるかどうかも、努力にかかっていると思います。

 かといって、誰とでも分け隔てなく長くおつきあいしようなどと思ったら、自分の時間もエネルギーもいくらあっても足りないはず。気力や体力には限界がありますし、自分の家族や仕事やその人以外の友達や、もろもろのつながりをも大事にしていかねばなりませんので。やはり、気が合う人と自然によく話すようになる、いっしょに出かけることも多くなる、というのが普通の流れですね。

 私は友達の数は多くありません。ただ年齢幅はかなり広いですw まったく違う畑の人とも友達でいてもらってると思います。その幅の広いおつきあいから、私はたくさんのことを学んできました。人こそ財産だと思っています。お金はないし、仕事も今ホントできてなくて、なんだか申し訳ないような毎日ですよ。でも、家族や友達が私を必要だと思ってくれるから、ここにいられて、毎日笑っていられるんですね。ありがたいことです。

 このサイトを通じて仲良くなった皆さんは、リアルの友達と同様に、私の大事な友達です。コメントは書かないけど、よく見に来てるよ、更新を楽しみにしてるよ、と思ってくださる方々も、私にとっては大切な存在です。いつもありがとうございます。これからも「ちいさいねこ♪」は皆様に楽しんでいただけるような写真と文章をupし続けるつもりです。引き続き応援してやってくださいね。

Canon EOS 40D + TAMRON B003
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。