シキザクラ咲いた日

シキザクラ咲いた日
@長者ヶ平   iPhone6で撮影

冬に咲く桜「シキザクラ」が もう咲いていました。
スポンサーサイト

クサギ と オクナ・セルラタ

クサギ
クサギ
葉に独特の臭いがあるが、食用になるらしい。
実は染色に使われる。

オクナ・セルラタ
オクナ・セルラタ
別名「ミッキーマウスノキ」
この写真ではわかりづらいけど、実全体の形がミッキーマウスっぽいそうな。

ツリフネソウ

ツリフネソウ1

ツリフネソウ です、たぶん。

ほんとは9月頃に咲く花らしいです。

咲き残っていた花なのかしらん。

なんとなく弱弱しくて、「あはれ蚊」に通じるものを感じました。

ツリフネソウ2

秋の花と実

サネカズラ
サネカズラ
薬効:滋養、強壮、鎮咳 


イシミカワ
イシミカワ
薬効:解熱、下痢止め、利尿 


アキチョウジ
アキチョウジ

manjusaka

manjusaka.jpg

天界に咲く花 manjusaka

吉兆として、天から降る、赤い花。

夏近し

夏近し2
お天気良かったので

午前中の光の良い時間に

城山へ行きました。

長者ヶ平から二之丸へ

深い緑を抜けて下りました。


夏近し
堀之内から本丸を見あげて。

夏近し という光景でした。

G.W.は夏日が多くなりそうですって。

桜の空

桜の空
枝のラインが面白くて撮った1枚


桜が散ったらもう夏がそこに・・・・という時期だと思うのですけど、なかなか気温が上がらず雨ばかり。

明日からはようやく「夏兆す」感じになりそう ですって。

でも、今年は春を十分味わってない気がしてます。

慌ただしかったからなぁ・・・・・と納得もしてますが。

二人展終了 ありがとうございました

二人展 湯築城跡 晩春
湯築城跡 晩春


ようやく二人展が終わり、あわただしく片付けをして、仕事に戻っていました。

今、ご来場いただいた方々へのお礼状を準備しています。

4月9日~14日の6日間で、ご来場者100名を越えました。

本当に、二人とも「これほど大勢のお客様が来てくださるとは思わなかったねー」と驚き、喜びにひたっていました。



今回の試みは、わからないことや悩むことがたくさんあって、手探りでの開催でした。

皆様のご支援がなければ、とうてい実現できなかったことでしょう。

感謝の言葉もありません。

気付かないところで、私達はいつも、たくさんの方々に支えられているんだなぁと、つくづく感じたという次第です。



いたらないことばかりの私ですが、もしも可能ならば、数年かかっても第2回の発表の場を・・・・と考えました。

その際は、皆様に是非ともまたお力添えいただきたく、伏してお願い申し上げます。

いろんな意味で、今回の二人展、良い勉強になりました。

ありがとうございました。

レタッチの重要性

A405 城山 新芽
2008年4月に撮影

今日、二人展の作品をプリントしてもらうために、専門店へ行ってきました。
blog友達がこっそり教えてくれたお店です。
常連さんの紹介で来た人、ということで、とても親切にしてもらえました。

1枚目の写真は、かなり古い画像で、松山城の城山8合目から南側へ下っていく道で撮ったものです。
これを撮った当時は、まだ Canon PowerShot A720 IS で撮影していたため、RAW画像がありません。
専門店のプロがjpg画像をレタッチしてくれて、かなり見栄えの良い画になったはず。
仕上がりは2日ほど後なのですけれど、ディスプレイで見ていて、あきらかに写真が良くなっていくのが面白かったですねぇ。

A405 城山 新芽pse修正

↑は、プロのレタッチを見ていて「なるほどー」と納得した部分をちょっと真似て、私がいじった画像です。
1枚目に比べると、新芽の周辺の苔の色合いが違っています。
彩度や明度、色合いを変えることで、本当に見せたい部分である新芽を引き立たせようとしたのです。

他にも菜の花の画像や、梅の里の画像など、私がイメージしているものにプロが近づけてくれました。
レタッチって重要ですね。
特に、ディスプレイで見るのと、プリントして見るのとでは、写真がまったく違うので、専門店のプロの持つ技術で「かっこいい」画像にしてもらうのは、必要なプロセスであると感じました。
少々高いプリント代を支払っても、素晴らしい仕上がりを得られるのですから、かえってお得だと思いました。

初めての本格的な写真展。
以前通っていた写真講座で、お仲間といっしょに先生にレタッチやプリントをしてもらった、あの時の感激が思い出されます。
今度は自分でプリントや額装をして、展示の仕方も考えなくてはなりません。
なにもかも、不安だらけ、どうしよう・・・・どうしよう・・・・って悩みはつきませんけれど、「やってみてよかった」と言えるものにしたいと思ってます。
来てくださる方が、果たして何人おられるか、開けてみるまでわかりません。
無理を言って仕事も休ませてもらって、開催するからには、皆さんに足を運んでもらうだけの価値があるものにしなくては。

ロマネスコ

ロマネスコ

夕飯の支度をしていて
「キレイだよな~」と 思い
撮ってみました。
カリフラワーの変種なのだそうですけど
美味しいですよ。

も少し
引いて撮ったらこんな風。

ロマネスコ2

味は
ブロッコリーとカリフラワーの中間くらい?

俳句の世界では冬の季語
漢字で「花椰菜(はなやさい)」などと書きます。

花八手

花八手

冬の季語「八つ手の花」「花八手」 石手寺にて

今日、雨の中、道後を歩いて収録してきました。
明日の夕方、NHKで放映されます。
「いよ×イチ」18:10~ 観られる方はぜひご覧くださいね。
冬の季語や俳句をご紹介してます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。